栄養士になるために知っておくことについて

管理栄養士の資格を取るには、国家試験に合格しなければいけません、管理栄養士の資格試験に合格するための基礎知識や、準備についてまとめています。
栄養士はもちろん、管理栄養士になるためには、全くの独学ではいけません、ある期間指定された施設での知識の取得や経験を積む必要があるのです、施設の課程修了後のことについても知っておく必要があるでしょう。このカテゴリーでは、栄養士に関する知っておくべき一般的なことをまとめてみました。

 

栄養士資格取得のためにエントリー一覧

栄養士の資格取得は

一般に栄養士といわれる資格には、単に、栄養士と呼ばれる資格と、栄養士の上級資格に当たる、管理栄養士という二つの資格があります。栄養士は主に、健康を維持するための食事面での提案を行ったり、栄養学に基づいて、煮る、焼く、揚げるなどの、調理方法を決定したり、給食などの、メニューを決めたりという仕事をします...

続きを読む

栄養士養成施設で合否の差

栄養士や管理栄養士になるためには、養成施設で定められた課程(栄養士で2年以上、管理栄養士で4年)を修了する必要があります。大学では管理栄養士養成課程を、家政学部、生活学部、栄養学部などに設けられています。また栄養士養成課程は、栄養学系の短大や専門学校が設けています。管理栄養士は、国家資格のため資格を...

続きを読む

栄養士の資格取得と費用

管理栄養士は、栄養士の国家資格であり、国家試験に合格しなければ資格を取得することができません、そのため管理栄養士の国家試験を受験するための準備の段階で、教材や学費など、さまざまな費用が必要になります。2年制、3年制の栄養士養成課程を修了した方々が、管理栄養士の国家試験を受験するためには、実務経験を積...

続きを読む

栄養士資格取得は予備校で

管理栄養士は、近年需要が高まっている資格で、栄養士の国家資格です。管理栄養士の国家試験を通過するのは、難関といわれています、そのため、管理栄養士対策としての通学講座が、さまざまな予備校で設けられています。管理栄養士志願者のための予備校卒業者は、通信講座や独学で受験対策をしている人と比較して合格率が高...

続きを読む

栄養士の資格と法律改正の関係

2008年の4月から健診制度が改正され、特定検診、特定保健指導が実施されるようになりメタボリックシンドロームの基準が盛り込まれたました。この健診制度で管理栄養士は、検診を受けた人やメタボリックシンドロームの疑いのある人に、保健指導を行うのです、このことにより、管理栄養士の需要がますます高まっています...

続きを読む

栄養士資格と模擬試験の受験

栄養士の国家資格である、管理栄養士の資格試験は、難関といわれています、そのため、管理栄養士の国家試験では、相当頑張って学習に励む必要があります。国家試験の準備の中で一通り管理栄養士の基礎を押さえ、管理栄養士の過去問題の演習を終えたら、模擬試験を受けて見ることをお薦めします。管理栄養士の模擬試験は実際...

続きを読む

栄養士の資格取得と専門学校

生活習慣病の増大が社会問題となる中、健診制度が改正され、2008年4月からはメタボリックシンドロームへの対策が強化されています。管理栄養士は、新しい健診制度で保健指導の役割を担う資格です。管理栄養士は「食」に関わる職業の中で、栄養士の国家資格として、唯一認められている資格です。管理栄養士の資格を取得...

続きを読む

栄養士の資格取得と再挑戦

管理栄養士は国家資格で国家試験に合格しないと資格を取得することができません、しかし管理栄養士の国家試験は受験者10人に対して、7人から8人が不合格となってしまうという難関試験です。国家試験に合格した受験者を調査すると、全体の8割程度が管理栄養士課程の新卒者ですが、管理栄養士課程を修了した既卒者、栄養...

続きを読む

栄養士の資格取得と難易度

栄養士は近年需要が高まっている職業で、その背景には生活習慣病の増大や高齢化社会の到来があります。国家資格である管理栄養士は、栄養士よりさらに広い場での活躍が期待されます。「食」に関わる職業の中で、唯一国家資格として認められている資格が管理栄養士で、受験者も増加傾向にあります。管理栄養士には、高度な専...

続きを読む