スポンサードリンク

栄養士資格と模擬試験の受験

栄養士の国家資格である、管理栄養士の資格試験は、難関といわれています、そのため、管理栄養士の国家試験では、相当頑張って学習に励む必要があります。

国家試験の準備の中で一通り管理栄養士の基礎を押さえ、管理栄養士の過去問題の演習を終えたら、模擬試験を受けて見ることをお薦めします。

管理栄養士の模擬試験は実際の国家試験と同じ様式で、制限時間や問題数も同じ設定で行われ、模擬試験の実施には、養成課程のある大学や予備校などが試験会場として使われています。

現在ではインターネットを利用して、試験会場に行けない人のための模擬試験も実施されています。マークシート方式を使った本番と同じ解答方式を利用したい人のために、郵送で受験できる模擬試験もあります。

いろいろな方式がある模擬試験の中で、都合のよい方法を自由に選択して受験することができます。

さまざまな方式の模擬試験がありますが、できれば模擬試験を受験する場合は、管理栄養士試験の本番に近い方式で受験することが望ましいと思われます。

管理栄養士試験の本番に近い方式で受験することは、慣れない試験会場や雰囲気の中での試験を経験することで、管理栄養士試験の受験対策につながるからです。

また管理栄養士試験の本番に近い試験を事前に経験することで、管理栄養士試験本番の緊張を和らげることができます。

また模擬試験で類似問題を解くという経験は、回数を重ねることで試験本番での実力を発揮するということにつながります。

模擬試験を受験することで、採点後、見直しをすることによって、自分の弱点が明確となり、次の学習への目標ができます。

つまり、模擬試験を受験することは、管理栄養士試験本番で実力を発揮するための訓練や、弱点を見つけ重点的に勉強することで、実力を上げるチャンスにもなるのです。

管理栄養士の国家試験は一年に一度(3月下旬)しかありません。その一度に向かって、多くの受験生が一年間学習を重ねてくるのです。

一年に一度の管理栄養士国家試験に自分の実力を最大限発揮するために、模擬試験の受験経験は、たいへん良い影響を与えてくれると言えるでしょう。

栄養士資格と模擬試験の受験関連ページ

栄養士資格の取得は
栄養士としての資格は、栄養士養成施設で2年以上学び、必要な知識や技能を修得した後、試験を受けることなく栄養士免許を取得することができますが、管理栄養士となると、そうはいきません。
栄養士養成施設で合否の差
管理栄養士の合格者の中で、合格率の一番いいのは、栄養士養成施設卒業後間もない人です、実務経験を長期間必要とする栄養士課程か、短期の実務経験で国家試験資格が取得できる管理栄養士課程か、どちらがベスト?
栄養士資格の取得と費用
管理栄養士になるという自分への投資でもある、国家試験合格のための学費や教材費は経済事情を考慮し、自分にあった方法を選ぶことが、資格取得への近道となるでしょう。
予備校で栄養士資格取得
管理栄養士志願者のための予備校卒業者は、通信講座や独学で受験対策をしている人と比較して合格率が高く、多くの管理栄養士志願者に利用されていますが、デメリットもあります。
栄養士資格と法律改正
管理栄養士の国家試験を受験するには、9科目だけでなく、法改正においても最新の情報を入手することを心掛ける必要があります。
栄養士資格の取得と専門学校
2年制、3年制の栄養士養成課程の専門学校の設備や施設は充実しています、栄養士の専門知識や専門技術を学ぶには最適です、専門学校の栄養士養成課程は、少しでも早く栄養士として働きたい方に向いているといえます。
栄養士資格に再挑戦
管理栄養士の国家試験は、7割から8割の人が不合格となります。当然、合格者より不合格者の方が多いのですから、不合格になることも考慮に入れて挑戦した方がいいのではないでしょうか。
栄養士資格の難易度
管理栄養士を目指すなら、大変な難関の試験に合格しなければいけないということを忘れてはいけません。なぜなら、大変な学習の積み重ねが必要で、簡単に合格できるような試験ではないからです。

スポンサードリンク