スポンサードリンク

栄養士の資格取得と専門学校

生活習慣病の増大が社会問題となる中、健診制度が改正され、2008年4月からはメタボリックシンドロームへの対策が強化されています。

管理栄養士は、新しい健診制度で保健指導の役割を担う資格です。

管理栄養士は「食」に関わる職業の中で、栄養士の国家資格として、唯一認められている資格です。

管理栄養士の資格を取得するためには、高度な専門知識を身につけておく必要があります、その栄養士としての知識を習得するためには栄養士養成課程や管理栄養士養成課程のある専門学校や大学で学ぶ必要があります。

栄養士養成課程のある専門学校は施設や設備が整えられた充実した環境で学ぶことができます、なぜなら専門学校は栄養士の専門知識や専門技術を身につけることを目的としているためです。

また栄養士養成課程のある専門学校では疑問点や悩みなどを解消しやすい環境を保つため、少人数制が採用されています。

専門学校は、国家試験に向けた対策に力を入れており、合格者100%を目指した教育が行われていますが、4年制の大学と学費や授業科目について大きな差はありません。

専門学校では、さまざまな角度から卒業後の進路をサポートします。

ただし、就職先は各校によって違いがあるため、大学、専門学校に関わらず、学校を選ぶ際には十分調べておく必要があります。

2年制、3年制の栄養士養成課程の専門学校の卒業生は、国家試験の受験資格を得るために実務経験が必要となります、実務経験を積みながらの受験勉強で、合格するには相当の努力が必要になりますが、栄養士として少しでも早く現場で仕事をしたい人には専門学校が適しています。

就職後の給料の面では未だ大学卒業者と専門学校卒業者との間に差がありますが、それ以上に国家試験や就職の面で充実したサポートのある専門学校は、管理栄養士への近道ともいえます。

栄養士の資格取得と専門学校関連ページ

栄養士資格の取得は
栄養士としての資格は、栄養士養成施設で2年以上学び、必要な知識や技能を修得した後、試験を受けることなく栄養士免許を取得することができますが、管理栄養士となると、そうはいきません。
栄養士養成施設で合否の差
管理栄養士の合格者の中で、合格率の一番いいのは、栄養士養成施設卒業後間もない人です、実務経験を長期間必要とする栄養士課程か、短期の実務経験で国家試験資格が取得できる管理栄養士課程か、どちらがベスト?
栄養士資格の取得と費用
管理栄養士になるという自分への投資でもある、国家試験合格のための学費や教材費は経済事情を考慮し、自分にあった方法を選ぶことが、資格取得への近道となるでしょう。
予備校で栄養士資格取得
管理栄養士志願者のための予備校卒業者は、通信講座や独学で受験対策をしている人と比較して合格率が高く、多くの管理栄養士志願者に利用されていますが、デメリットもあります。
栄養士資格と法律改正
管理栄養士の国家試験を受験するには、9科目だけでなく、法改正においても最新の情報を入手することを心掛ける必要があります。
栄養士資格と模擬試験受験
管理栄養士の国家試験は年に一度です、養成課程の卒業から時間がたてばたつほど、合格率の下がる管理栄養士試験、模擬試験を何度か受験することで、本番の試験でも本来の実力が発揮できるのでは?
栄養士資格に再挑戦
管理栄養士の国家試験は、7割から8割の人が不合格となります。当然、合格者より不合格者の方が多いのですから、不合格になることも考慮に入れて挑戦した方がいいのではないでしょうか。
栄養士資格の難易度
管理栄養士を目指すなら、大変な難関の試験に合格しなければいけないということを忘れてはいけません。なぜなら、大変な学習の積み重ねが必要で、簡単に合格できるような試験ではないからです。

スポンサードリンク