スポンサードリンク

栄養士の資格取得と再挑戦

管理栄養士は国家資格で国家試験に合格しないと資格を取得することができません、しかし管理栄養士の国家試験は受験者10人に対して、7人から8人が不合格となってしまうという難関試験です。

国家試験に合格した受験者を調査すると、全体の8割程度が管理栄養士課程の新卒者ですが、管理栄養士課程を修了した既卒者、栄養士課程の既卒者はそれぞれ1割に満たない合格率という結果になっています。

国家試験は正解率が各科目で60%以上必要とされますが、不合格となった場合でも、自己採点してみるとあと一歩ということがよくあります。

あと一歩で合格していたという人は悔しい気持ちになり落ち込むこともあるでしょうが、あと一歩というところまで努力し学習を積んできたことを自分自身で評価し、早く立ち直ることが大切です。

いつまでも落ち込んだ気持ちを引きずるのではなく、それまでの学習を無駄にせず、再挑戦する方向で気持ちを切り替えましょう。

合格ラインに全く及ばなかったという不合格者が、再挑戦する場合にはまず勉強方法を見直す必要があります、また、自分に適性があるかを見つめなおすことも必要かもしれません。

残念ながら不合格になった人の中でも実務経験を積みながら勉強を進めている人にとって、仕事と学習の両立は厳しいものです。

効率よくポイントを抑える方法でさらに学習を積むために、通信教育やWEB講座を上手に利用するなど、学習方法を工夫することが望まれます。

実際に1度は不合格になっても2度、3度と挑戦し、合格を勝ち取って管理栄養士となった人は少なくありません。

また30歳代、40歳代から管理栄養士を目指し努力している人もいます。

管理栄養士の夢を叶えるためには、最初から再挑戦もあり得ることを視野に入れて、難関といわれる国家試験の合格を目指すことです。

栄養士の資格取得と再挑戦関連ページ

栄養士資格の取得は
栄養士としての資格は、栄養士養成施設で2年以上学び、必要な知識や技能を修得した後、試験を受けることなく栄養士免許を取得することができますが、管理栄養士となると、そうはいきません。
栄養士養成施設で合否の差
管理栄養士の合格者の中で、合格率の一番いいのは、栄養士養成施設卒業後間もない人です、実務経験を長期間必要とする栄養士課程か、短期の実務経験で国家試験資格が取得できる管理栄養士課程か、どちらがベスト?
栄養士資格の取得と費用
管理栄養士になるという自分への投資でもある、国家試験合格のための学費や教材費は経済事情を考慮し、自分にあった方法を選ぶことが、資格取得への近道となるでしょう。
予備校で栄養士資格取得
管理栄養士志願者のための予備校卒業者は、通信講座や独学で受験対策をしている人と比較して合格率が高く、多くの管理栄養士志願者に利用されていますが、デメリットもあります。
栄養士資格と法律改正
管理栄養士の国家試験を受験するには、9科目だけでなく、法改正においても最新の情報を入手することを心掛ける必要があります。
栄養士資格と模擬試験受験
管理栄養士の国家試験は年に一度です、養成課程の卒業から時間がたてばたつほど、合格率の下がる管理栄養士試験、模擬試験を何度か受験することで、本番の試験でも本来の実力が発揮できるのでは?
栄養士資格の取得と専門学校
2年制、3年制の栄養士養成課程の専門学校の設備や施設は充実しています、栄養士の専門知識や専門技術を学ぶには最適です、専門学校の栄養士養成課程は、少しでも早く栄養士として働きたい方に向いているといえます。
栄養士資格の難易度
管理栄養士を目指すなら、大変な難関の試験に合格しなければいけないということを忘れてはいけません。なぜなら、大変な学習の積み重ねが必要で、簡単に合格できるような試験ではないからです。

スポンサードリンク