スポンサードリンク

栄養士の資格取得と費用

管理栄養士は、栄養士の国家資格であり、国家試験に合格しなければ資格を取得することができません、そのため管理栄養士の国家試験を受験するための準備の段階で、教材や学費など、さまざまな費用が必要になります。

2年制、3年制の栄養士養成課程を修了した方々が、管理栄養士の国家試験を受験するためには、実務経験を積む必要があります、しかし、実務経験を積みながら独学で、国家試験のための勉強をすることは難しく、通信講座や予備校などを利用する方がたくさんいらっしゃいます。

通信講座は、2年制、3年制の栄養士養成課程を修了した実務経験を積まなければいけないという拘束時間がある方や、通学講座に通えない事情のある方には便利な勉強方法です。

通信講座では、一般的に講座を始める時点で教材一式を買い揃え、その教材に基づいて課題をこなしながら添削指導が行われます。

通信講座の中でも、インターネットを利用するWEB講座は、一般的なテキストや、問題集といった教材が必要ありませんが、インターネットへの接続環境を整えるための費用や、WEB講座への登録料が必要になります。

WEBでの管理栄養士通信講座への登録料は、講座の内容や運営システムによって、低価格なものから高価格なものまでさまざまです。

予備校などの通学講座は教材費や受講料それに通学費用などがかかり、一般的に通信講座に比べて高額な出費になることが予想されます。

管理栄養士の国家試験を独学で受験しようとする場合は、参考書や問題集は最低限自分で揃える必要があります。

自分が管理栄養士の国家試験を受験するために必要と思うものだけを買い揃えればいいので、無駄な出費がなく経済的な方法ですが、単独での学習は、モチベーションを維持するために、よほど強い意志を持って始めないと、途中で挫折してしまいます。

管理栄養士試験の合格者の調査では、大学(4年制の管理栄養士養成施設)の授業料を除いた費用は10万円から15万円程度が最も多いという結果が出ています。

5万円以内という少ない費用で合格した方もいますが、30万円以上という高額な費用をかけた方も10パーセント程度います。

管理栄養士試験に合格するという自分への投資でもある、学費や教材費は自分の希望する職業に就くための必要経費と考え、それぞれの経済事情の許す範囲内で最大の投資をすることと、最も自分にあった方法を選ぶことが、管理栄養士資格取得への近道となるでしょう。

栄養士の資格取得と費用関連ページ

栄養士資格の取得は
栄養士としての資格は、栄養士養成施設で2年以上学び、必要な知識や技能を修得した後、試験を受けることなく栄養士免許を取得することができますが、管理栄養士となると、そうはいきません。
栄養士養成施設で合否の差
管理栄養士の合格者の中で、合格率の一番いいのは、栄養士養成施設卒業後間もない人です、実務経験を長期間必要とする栄養士課程か、短期の実務経験で国家試験資格が取得できる管理栄養士課程か、どちらがベスト?
予備校で栄養士資格取得
管理栄養士志願者のための予備校卒業者は、通信講座や独学で受験対策をしている人と比較して合格率が高く、多くの管理栄養士志願者に利用されていますが、デメリットもあります。
栄養士資格と法律改正
管理栄養士の国家試験を受験するには、9科目だけでなく、法改正においても最新の情報を入手することを心掛ける必要があります。
栄養士資格と模擬試験受験
管理栄養士の国家試験は年に一度です、養成課程の卒業から時間がたてばたつほど、合格率の下がる管理栄養士試験、模擬試験を何度か受験することで、本番の試験でも本来の実力が発揮できるのでは?
栄養士資格の取得と専門学校
2年制、3年制の栄養士養成課程の専門学校の設備や施設は充実しています、栄養士の専門知識や専門技術を学ぶには最適です、専門学校の栄養士養成課程は、少しでも早く栄養士として働きたい方に向いているといえます。
栄養士資格に再挑戦
管理栄養士の国家試験は、7割から8割の人が不合格となります。当然、合格者より不合格者の方が多いのですから、不合格になることも考慮に入れて挑戦した方がいいのではないでしょうか。
栄養士資格の難易度
管理栄養士を目指すなら、大変な難関の試験に合格しなければいけないということを忘れてはいけません。なぜなら、大変な学習の積み重ねが必要で、簡単に合格できるような試験ではないからです。

スポンサードリンク