スポンサードリンク

栄養士資格取得は予備校で

管理栄養士は、近年需要が高まっている資格で、栄養士の国家資格です。
管理栄養士の国家試験を通過するのは、難関といわれています、そのため、管理栄養士対策としての通学講座が、さまざまな予備校で設けられています。

管理栄養士志願者のための予備校卒業者は、通信講座や独学で受験対策をしている人と比較して合格率が高く、多くの管理栄養士志願者に利用されています。

管理栄養士資格試験受験のための通信講座や独学と違って、予備校では講師が受講生の目の前で講義を行うため、緊張感や学習意欲を持続しやすいというメリットがあります。

また、管理栄養士講座を開講している大手予備校では、国家試験の最新データーに基づいて出題傾向を分析し、教材や講義へ反映させています。予備校に通っていると、法改正や制度改正の情報が得られやすく、受講生が最新情報の中で学習できるメリットがあります。

最近の予備校では、受講生が欠席してもフォロー制度や振り替え制度が利用できるため、受講料を無駄にすることがありません。

また国家試験合格後、管理栄養士としての就職を支援する予備校もあります。

近年、人材派遣会社が、人材不足となっている管理栄養士の需要増大に対して、ある大手予備校と提携し、合格後の就職支援を強化したことが話題となりました。

また予備校では、模擬試験を実施しているところが多く、国家試験前に実力を試す目的で予備校受講生以外にも多く管理栄養士志願者に利用されています。

そして、管理栄養士志願者が予備校に通うことで、同じ目標を持った仲間が大勢いる中で、ともに競い合い、励まし合いながら勉強に励む心強さが魅力でもあります。

しかし、管理栄養士志願者が通う予備校では、通信教育と違って、複数人数に対する指導であるため、疑問点を解消するには、自分から積極的に質問する姿勢が必要です。

受講料は、通信講座や独学と比較して高いという難点があるだけでなく、交通費や、場合によっては予備校仲間との交際費なども必要になることも考慮する必要があります。

管理栄養士に限らず、予備校によってシステムやサービスが異なります、予備校を選ぶ際には可能な限り授業の見学や体験入学をし、自分に合った予備校を選ぶことが、管理栄養士資格取得への近道となるでしょう。。

栄養士資格取得は予備校で関連ページ

栄養士資格の取得は
栄養士としての資格は、栄養士養成施設で2年以上学び、必要な知識や技能を修得した後、試験を受けることなく栄養士免許を取得することができますが、管理栄養士となると、そうはいきません。
栄養士養成施設で合否の差
管理栄養士の合格者の中で、合格率の一番いいのは、栄養士養成施設卒業後間もない人です、実務経験を長期間必要とする栄養士課程か、短期の実務経験で国家試験資格が取得できる管理栄養士課程か、どちらがベスト?
栄養士資格の取得と費用
管理栄養士になるという自分への投資でもある、国家試験合格のための学費や教材費は経済事情を考慮し、自分にあった方法を選ぶことが、資格取得への近道となるでしょう。
栄養士資格と法律改正
管理栄養士の国家試験を受験するには、9科目だけでなく、法改正においても最新の情報を入手することを心掛ける必要があります。
栄養士資格と模擬試験受験
管理栄養士の国家試験は年に一度です、養成課程の卒業から時間がたてばたつほど、合格率の下がる管理栄養士試験、模擬試験を何度か受験することで、本番の試験でも本来の実力が発揮できるのでは?
栄養士資格の取得と専門学校
2年制、3年制の栄養士養成課程の専門学校の設備や施設は充実しています、栄養士の専門知識や専門技術を学ぶには最適です、専門学校の栄養士養成課程は、少しでも早く栄養士として働きたい方に向いているといえます。
栄養士資格に再挑戦
管理栄養士の国家試験は、7割から8割の人が不合格となります。当然、合格者より不合格者の方が多いのですから、不合格になることも考慮に入れて挑戦した方がいいのではないでしょうか。
栄養士資格の難易度
管理栄養士を目指すなら、大変な難関の試験に合格しなければいけないということを忘れてはいけません。なぜなら、大変な学習の積み重ねが必要で、簡単に合格できるような試験ではないからです。

スポンサードリンク