スポンサードリンク

栄養士の資格と法律改正の関係

2008年の4月から健診制度が改正され、特定検診、特定保健指導が実施されるようになりメタボリックシンドロームの基準が盛り込まれたました。

この健診制度で管理栄養士は、検診を受けた人やメタボリックシンドロームの疑いのある人に、保健指導を行うのです、このことにより、管理栄養士の需要がますます高まっています。

管理栄養士は、国家資格として認められている「食」に関わる職業の中では唯一の資格です。高度な専門知識を身につける必要があり、難易度は非常に高く、受験者数が年々増えているにも関わらず、合格者数がそれに比例していない資格試験になっています。

管理栄養士の国家試験は9科目(1.社会・環境と健康 2.人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 3.食べ物と健康 4.基礎栄養学 5.応用栄養学 6.栄養教育論 7.臨床栄養学 8.公衆栄養学 9.給食経営管理論)から出題されます。

管理栄養士を目指すなら関係する法律や制度の改正も抑えておく必要があります、ちなみに、現行の管理栄養士に関する法律は平成12年に栄養士法として改正され、平成14年から施行されました。

平成12年に改正された、この管理栄養士に関する栄養士法改正には生活習慣病の増大や団塊の世代の高齢化による高齢化社会の到来が背景にありました。

特に生活習慣病の増大は近年社会問題となっており、国民医療費の増大も深刻な問題となっています。

こういった問題を解決するためには、生活習慣病の予防が大切だと考えられ、管理栄養士によって個人の栄養状態を的確に判断し、指導することが未然に病気を防ぐために重要だとされ、管理栄養士の知識と専門性の向上が図られたのです。

平成14年の栄養士法改正では、管理栄養士に対する明確な位置づけや、登録制だった管理栄養士の資格から、免許制資格へと切り替え、また管理栄養士受験資格の見直しの3つが主に改正されています。

この栄養士法改正により、管理栄養士試験合格への道はさらに厳しくなった反面、管理栄養士の地位の向上が図られたのです。

一般的に、法律や制度は時代のニーズ合わせて改正されます。

管理栄養士の国家試験を受験するには法改正においても最新の情報を入手することを心掛ける必要があります。

栄養士の資格と法律改正の関係関連ページ

栄養士資格の取得は
栄養士としての資格は、栄養士養成施設で2年以上学び、必要な知識や技能を修得した後、試験を受けることなく栄養士免許を取得することができますが、管理栄養士となると、そうはいきません。
栄養士養成施設で合否の差
管理栄養士の合格者の中で、合格率の一番いいのは、栄養士養成施設卒業後間もない人です、実務経験を長期間必要とする栄養士課程か、短期の実務経験で国家試験資格が取得できる管理栄養士課程か、どちらがベスト?
栄養士資格の取得と費用
管理栄養士になるという自分への投資でもある、国家試験合格のための学費や教材費は経済事情を考慮し、自分にあった方法を選ぶことが、資格取得への近道となるでしょう。
予備校で栄養士資格取得
管理栄養士志願者のための予備校卒業者は、通信講座や独学で受験対策をしている人と比較して合格率が高く、多くの管理栄養士志願者に利用されていますが、デメリットもあります。
栄養士資格と模擬試験受験
管理栄養士の国家試験は年に一度です、養成課程の卒業から時間がたてばたつほど、合格率の下がる管理栄養士試験、模擬試験を何度か受験することで、本番の試験でも本来の実力が発揮できるのでは?
栄養士資格の取得と専門学校
2年制、3年制の栄養士養成課程の専門学校の設備や施設は充実しています、栄養士の専門知識や専門技術を学ぶには最適です、専門学校の栄養士養成課程は、少しでも早く栄養士として働きたい方に向いているといえます。
栄養士資格に再挑戦
管理栄養士の国家試験は、7割から8割の人が不合格となります。当然、合格者より不合格者の方が多いのですから、不合格になることも考慮に入れて挑戦した方がいいのではないでしょうか。
栄養士資格の難易度
管理栄養士を目指すなら、大変な難関の試験に合格しなければいけないということを忘れてはいけません。なぜなら、大変な学習の積み重ねが必要で、簡単に合格できるような試験ではないからです。

スポンサードリンク