スポンサードリンク

栄養士養成施設で合否の差

栄養士や管理栄養士になるためには、養成施設で定められた課程(栄養士で2年以上、管理栄養士で4年)を修了する必要があります。

大学では管理栄養士養成課程を、家政学部、生活学部、栄養学部などに設けられています。また栄養士養成課程は、栄養学系の短大や専門学校が設けています。

管理栄養士は、国家資格のため資格を取るには国家試験に合格する必要がありますが、国家試験を受験するためには、養成施設での課程の修了や実務経験年数などの決められた条件をクリアーしなくてはいけません。

管理栄養士養成施設あるいは、栄養士養成施設で4年の課程を修了し卒業すると、これまでは、国家試験の受験資格が取得できました。しかし、制度改正により、4年制の栄養士養成課程の卒業者も1年の実務経験が必要になっています。

これに対し2年あるいは3年の課程を修了する専門学校や短大の卒業では、卒業と同時に国家試験を受験する資格が与えられず、受験資格を取得するために、卒業後に就職し、修了した課程に応じた年数の栄養士としての実務経験を積む必要があります。

栄養士や管理栄養士になるための栄養士養成施設および栄養士養成課程によって国家試験の受験資格が異なるため、栄養士養成施設への入学を考える場合は、将来、単に栄養士として働いていくのか、それとも、管理栄養士として仕事をしたいのかまでを考慮し、栄養士養成施設を慎重に選択することが大切です。

4年制の管理栄養士養成課程の既卒者や栄養士養成課程の既卒者の合格率は低く、4年制の管理栄養士養成施設の新卒者が合格者の大部分を占めています。

管理栄養士への近道は管理栄養士養成施設で4年制の管理栄養士養成課程を修了する事です、しかし、養成施設の種類に関わらず、本人の努力次第で合格することは、もちろん可能です。

また、資格にこだわらず、少しでも早く仕事がしたいという人には、2年制、3年制の栄養士養成施設が適しているといえます。

また、管理栄養士を目指して、4年制の管理栄養士養成施設を選択する際には入学時の学校の難易度だけではなく、管理栄養士試験受験者の合格率や就職率などをよく調べることが大切です。

栄養士養成施設で合否の差関連ページ

栄養士資格の取得は
栄養士としての資格は、栄養士養成施設で2年以上学び、必要な知識や技能を修得した後、試験を受けることなく栄養士免許を取得することができますが、管理栄養士となると、そうはいきません。
栄養士資格の取得と費用
管理栄養士になるという自分への投資でもある、国家試験合格のための学費や教材費は経済事情を考慮し、自分にあった方法を選ぶことが、資格取得への近道となるでしょう。
予備校で栄養士資格取得
管理栄養士志願者のための予備校卒業者は、通信講座や独学で受験対策をしている人と比較して合格率が高く、多くの管理栄養士志願者に利用されていますが、デメリットもあります。
栄養士資格と法律改正
管理栄養士の国家試験を受験するには、9科目だけでなく、法改正においても最新の情報を入手することを心掛ける必要があります。
栄養士資格と模擬試験受験
管理栄養士の国家試験は年に一度です、養成課程の卒業から時間がたてばたつほど、合格率の下がる管理栄養士試験、模擬試験を何度か受験することで、本番の試験でも本来の実力が発揮できるのでは?
栄養士資格の取得と専門学校
2年制、3年制の栄養士養成課程の専門学校の設備や施設は充実しています、栄養士の専門知識や専門技術を学ぶには最適です、専門学校の栄養士養成課程は、少しでも早く栄養士として働きたい方に向いているといえます。
栄養士資格に再挑戦
管理栄養士の国家試験は、7割から8割の人が不合格となります。当然、合格者より不合格者の方が多いのですから、不合格になることも考慮に入れて挑戦した方がいいのではないでしょうか。
栄養士資格の難易度
管理栄養士を目指すなら、大変な難関の試験に合格しなければいけないということを忘れてはいけません。なぜなら、大変な学習の積み重ねが必要で、簡単に合格できるような試験ではないからです。

スポンサードリンク