スポンサードリンク

栄養士資格と「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」

栄養士よりさらに高度な専門知識が必要とされる管理栄養士は、難関といわれる国家試験を突破しなければ取得できない資格であり、やりがいのある職業です。

国家試験に合格し、管理栄養士の資格を取得するためには、9科目ある膨大な試験範囲から各科目の出題傾向やポイントを掴み、効率よく学習を進める工夫をすることが大切です。

「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」は、国家試験の中でも出題数の多い科目の一つです。

「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」は、平成17年3月までの旧カリキュラムの科目の中では「生化学」「病理学」「解剖生理学」に相当します。

この科目の内容は医学分野に近く、管理栄養士に必要な内容だけを、人体や疾病に関する幅広い情報の中から絞り込まれたものです。

「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」のうち「人体の構造と機能」として、正常な人体を構成する個体と構造や機能を学びます。

人体を構成する個体は組織・器官レベルから遺伝子レベルまでの細かい分類で、一つ一つの構造や機能を理解する必要がある科目です。

また、「人体の構造と機能」の中には、人が行う基本的な生活行動である、食事、運動、休養などの機構と、環境の変化に対応する体の機構についての内容も含まれていることを押さえておく必要があるでしょう。

「疾病の成り立ち」では、生活習慣病、代謝疾患や、栄養疾患、それに消化器疾患などの疾病の概要や、発症、進行についての知識を深める必要があります。

また、「疾病の成り立ち」では、病態の評価や診断方法、治療の基本的な考え方、感染症の発症とその防御機構なども大切な項目でしっかりと押さえておくことをお薦めします。

比較的難解な内容が多く、出題数も多いため、十分な学習時間をとることが求められます、出題数が多い分、理解を深めておくことで管理栄養士の国家試験でのポイントを稼げる科目でもあり、十分に時間を掛けてもいい科目だと言えます。

中でも生化学の内容からは、管理栄養士試験の出題数が以前より増えているので注意が必要です、また疾病の概要、病態の診断、治療の考え方などは、重要なポイントなので、しっかり押さえておく必要があります。

栄養士資格と「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」関連ページ

通信講座で効率的勉強法
通信講座には多くのメリットがあります、たとえば、限られた勉強時間を、自宅での有効に使うためには、過去問題や要点がまとめられている通信講座の利用は非常に効率のよい勉強方法だといえます。
資格取得に人気のWEB講座
WEB講座には、一流講師の講義を受講できるものもあり、受講費用が安く、時間の拘束もなく、自分のペースで進められることや、パソコンとインターネット環境さえあれば、どこでもできるという魅力があります。
栄養士になる独学方法
独学という勉強方法は孤独になってしまうと言うデメリットがあります、しかし、やり方や、考え方一つで独学での勉強も楽しくできるようになるものです、それでもやはり、緻密な計画と実行力を要求される方法であることに間違いありません。
試験合格と勉強時間の関係
管理栄養士の資格取得には、国家試験の合格が必須ですが、試験日までに試験勉強のために使った、総勉強時間数300時間以上という方々の合格者が多くなっています。
資格取得と受験対策
多くの受験生が得意としている科目は?多くの受験生が苦手としている科目は?受験で差をつけるために、受験対策を間違っては、管理栄養士の資格取得は、夢で終わってしまうかも。
栄養士のクエスチョンバンク
メディックメディア刊行の栄養士版クエスチョンバンクがあれば、国家試験の受験勉強が、非常に楽になります、過去問題の分析や解説、そして、図解による説明は、分かり易く、学習意欲も湧いてくるでしょう。
試験科目「社会・環境と健康」
管理栄養士資格試験の科目である「社会・環境と健康」について、出題の傾向や、関連科目について調べてみました、出題率の高い科目を完璧に学習することで、正解率を上げることができるからです。
管理栄養士資格と基礎栄養学
「基礎栄養学」の出題数は14問で、出題数が少なくなっていますが、基本的な科目であり、しっかり学習しておくことが管理栄養士資格試験に合格するためには必要です。
管理栄養士資格と「食べ物と健康」
管理栄養士の国家試験では、食べ物の性質や栄養に加え、健康増進効果についても理解していることが要求されます。「食べ物と健康」の基準では食べ物を「健康の基礎」という観点から捉えられています。
栄養士の試験科目「応用栄養学」
管理栄養士は、9科目と広い範囲から構成され出題科目の中に「応用栄養学」があります。「応用栄養学」は、身体状況の変化(妊娠や成長など)に応じた栄養状態の評価や判定を学びます。
栄養士の試験科目「栄養教育論」
「栄養教育論」は、平成17年3月までの旧カリキュラムでは「栄養指導論」に相当する科目で、200問出題される国家試験の中で、出題されるのは、15問となっています。
栄養士の試験科目「臨床栄養学」
「臨床栄養学」は、傷病状態や栄養状態に応じて、適切な栄養管理を行うことを目的とした科目です。
栄養士の試験科目「公衆栄養学」
管理栄養士の試験科目の一つ、「公衆栄養学」は、食教育や食行動、食の安全性や食の国際化などの問題を通じて、人々が健康を自主的にコントロールし、栄養改善を行う支援を目的としています。
栄養士の試験科目「給食経営管理論」
管理栄養士の国家試験の出題科目の一つである給食経営管理論。以前は給食管理と呼ばれる科目でしたが、経営管理が重視される内容となり「給食経営管理論」と改名されました。
資格取得と応用力試験について
平成17年(西暦2005年)の制度改正で導入された、応用力試験は、一つの科目からの出題ではなく、9科目全体から、受験者の知識や状況判断の迅速さを問うものとなっているようです。

スポンサードリンク