スポンサードリンク

栄養士資格取得の独学方法

栄養士は、生活習慣病の急増や、団塊の世代の高齢化による高齢化社会の到来とともに、社会的ニーズが益々高まってくる職業です。

国家資格である管理栄養士の受験者数は、社会的ニーズが増していることもあり、年々増加しています。

管理栄養士の国家試験は高度な専門知識を必要とする難易度の高い問題が出題されるため、試験突破は狭き門となっています。

管理栄養士資格取得を目指す人のための通学での講座や、通信講座は数多くありますが、所定の課程を修了し、定められた実務経験を満たし、受験資格を取得すれば、独学で合格を目指すことも可能です。

独学は、経済的なことを考慮すると最も良い方法と言えますが、学校のように講義もなく、通信講座のように課題の締め切りもないため、自分でしっかり学習計画をたてることが大切で、自己管理を最も要求される方法です。

独学は、孤独になりがちな方法ですが、同じ目標をもった仲間を捜し、コミュニケーションを持つことで、情報収集に役立ち、精神的な励みにもなります。

栄養士養成施設に通っている人の中には、卒業後実務経験を積む間に独学で勉強しようと思っている人もいるでしょうし、ネット上には、多くのコミュニティーがあり、同じ目標を持った人達の集うコミュニティーで仲間を見つけるということも可能でしょう。

管理栄養士を目指して独学で頑張るなら、まず、国家試験に出題される、膨大な範囲の基本事項を基本書で一通り抑え、栄養士養成施設で習った、基本の再確認を完全に終えてから、市販の問題集で過去の試験問題を繰り返し演習し、出題傾向をつかむという方法が効率的だと言えます。

管理栄養士の資格取得には、多くの専門用語を覚える必要があります、そのため、早い時期から少しずつ暗記することもポイントとなるでしょう。

試験日が近づいたら、母校や予備校の公開模擬試験を受けたり、市販されている栄養士関連図書の模擬試験をやってみるなど、実力を確かめることも必要です、これにより、自分の得手、不得手を確認し、不得手な部分を重点的に勉強することができます。

また、情報を得にくい独学では、官公庁のホームページをこまめに確認し、管理栄養士関連の法改正や制度改正情報を得る努力をすることも大切です。

独学で、資格試験合格への道はとても厳しいものですが、努力次第で合格は可能です、管理栄養士資格のように狭き門の資格を目指す場合は、必ず合格するという強い意志を持って学習に望むことがとても大切です。

栄養士資格取得の独学方法関連ページ

通信講座で効率的勉強法
通信講座には多くのメリットがあります、たとえば、限られた勉強時間を、自宅での有効に使うためには、過去問題や要点がまとめられている通信講座の利用は非常に効率のよい勉強方法だといえます。
資格取得に人気のWEB講座
WEB講座には、一流講師の講義を受講できるものもあり、受講費用が安く、時間の拘束もなく、自分のペースで進められることや、パソコンとインターネット環境さえあれば、どこでもできるという魅力があります。
試験合格と勉強時間の関係
管理栄養士の資格取得には、国家試験の合格が必須ですが、試験日までに試験勉強のために使った、総勉強時間数300時間以上という方々の合格者が多くなっています。
資格取得と受験対策
多くの受験生が得意としている科目は?多くの受験生が苦手としている科目は?受験で差をつけるために、受験対策を間違っては、管理栄養士の資格取得は、夢で終わってしまうかも。
栄養士のクエスチョンバンク
メディックメディア刊行の栄養士版クエスチョンバンクがあれば、国家試験の受験勉強が、非常に楽になります、過去問題の分析や解説、そして、図解による説明は、分かり易く、学習意欲も湧いてくるでしょう。
試験科目「社会・環境と健康」
管理栄養士資格試験の科目である「社会・環境と健康」について、出題の傾向や、関連科目について調べてみました、出題率の高い科目を完璧に学習することで、正解率を上げることができるからです。
管理栄養士資格と基礎栄養学
「基礎栄養学」の出題数は14問で、出題数が少なくなっていますが、基本的な科目であり、しっかり学習しておくことが管理栄養士資格試験に合格するためには必要です。
管理栄養士資格と「食べ物と健康」
管理栄養士の国家試験では、食べ物の性質や栄養に加え、健康増進効果についても理解していることが要求されます。「食べ物と健康」の基準では食べ物を「健康の基礎」という観点から捉えられています。
「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」
管理栄養士に必要な内容だけを、人体や疾病に関する幅広い情報の中から絞り込まれた「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」の中でも生化学の内容からは、出題数が以前より増えているので注意が必要です。
栄養士の試験科目「応用栄養学」
管理栄養士は、9科目と広い範囲から構成され出題科目の中に「応用栄養学」があります。「応用栄養学」は、身体状況の変化(妊娠や成長など)に応じた栄養状態の評価や判定を学びます。
栄養士の試験科目「栄養教育論」
「栄養教育論」は、平成17年3月までの旧カリキュラムでは「栄養指導論」に相当する科目で、200問出題される国家試験の中で、出題されるのは、15問となっています。
栄養士の試験科目「臨床栄養学」
「臨床栄養学」は、傷病状態や栄養状態に応じて、適切な栄養管理を行うことを目的とした科目です。
栄養士の試験科目「公衆栄養学」
管理栄養士の試験科目の一つ、「公衆栄養学」は、食教育や食行動、食の安全性や食の国際化などの問題を通じて、人々が健康を自主的にコントロールし、栄養改善を行う支援を目的としています。
栄養士の試験科目「給食経営管理論」
管理栄養士の国家試験の出題科目の一つである給食経営管理論。以前は給食管理と呼ばれる科目でしたが、経営管理が重視される内容となり「給食経営管理論」と改名されました。
資格取得と応用力試験について
平成17年(西暦2005年)の制度改正で導入された、応用力試験は、一つの科目からの出題ではなく、9科目全体から、受験者の知識や状況判断の迅速さを問うものとなっているようです。

スポンサードリンク